英語は文法や単語を学んで読み書きする事が出来る事も大切ですが、実際にビジネスのシーンなどで活用しようとすると、相手とのコミュニケーションを図れる力も重要となって来ます。そして英語でのコミュニケーション能力を把握する方法としてTOEICが用いられてきており、この試験は母国語を英語としていない方に対して行う試験です。特に企業では海外進出を既に行っているケースが多く、海外拠点との会議を行ったり現地との人材交流を図るなどして多くの場面で英語を使用する機会が有ります。この様な背景も有って、企業では昇格の要件としてTOEICのスコアを取入れるケースが増えて来ています。英会話スクールなどでもTOEIC対策の専門コースが設けられるなどしています。多くの企業は英会話スクールの費用を補助するなどして勉強を推奨しています。

TOEICで得点アップを目指す

英語の資格として最近注目を集めているのがTOEICです。今は職場や大学でも受ける機会が多くなっているのでその知名度は上がってきています。試験の内容はビジネスシーンや日常生活が題材になっていることが多く、仕事で用いられる単語や表現が数多く登場するので注目されています。テストはリスニングテストとリーディングテストと2つに分かれており、すべてマークシート方式で回答します。さてTOEICの得点アップを目指すにはリスニングにコツがあると言われています。リーディングよりも点数がとりやすく、読まれる文章もリーディングよりも語彙や文法が易しめとされています。またリスニング力を上げるコツとしては、音源を後追いして自分でもぶつぶつと繰り返す方法が有効とされています。このような方法を繰り返しコツコツ行うことで着実に得点アップを目指していきましょう。

就活でも使えるTOEICとは

今英語の資格としてTOEICが注目を集めています。とくに就活を行っている学生にとっては、この資格は英語力のアピール材料として有効活用されているようです。また採用する人事側にとっても英語力の指標が分かりやすいようです。さてTOEICは獲得スコアが重要となるのですが、履歴書に書けるスコアはどれくらいからなのでしょうか。履歴書に書けるのは600点が目安となっているようです。その上では730点、860点、950点となっているようです。出来ることなら少しでも得点アップして企業にアピールしたいところですが、得点アップのコツにはどのようなものがあるのでしょうか。実はリスニングテストの方が点数が伸びやすいともいわれています。その理由は読まれる文章の語彙や文法などがリーディングに比べると簡単だからです。リスニング力を上げるためには、音声を聞きながら自分も発音することを繰り返すと効果があるとされています。またTOEIC形式の教材を聞き込む必要もあります。

10代~80代までと幅広い方にご受講いただいております。 「正しい英語の学習法」を身につけることによって、受講生は確実に得点アップを実現しています! TOEIC指導において、全国最優秀校に選出されるほどの実績もあり、短期集中講座や英文法クラス・得点アップコースなどがあるメリットがあります。 受講期間中、TOEIC IPテスト(4,500円)が受験可能。 TOEIC受験をお考えならエッセンスイングリッシュスクールまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です